商品紹介

PRODUCTS

ふらのメロン

富良野育ちの宝もの。甘さと食感にとろけます。

選びぬいた自信作をお届けします。
  • 中でも、寒暖差の大きい富良野は、果肉がしっかりとして日持ちのいいメロンが育ち、13度以上の糖度があるものだけを「ふらのメロン」として出荷します。

  • 「メロンは糖度プラス熟度も大事。箱には食べ頃の日付が入っているので、必ず守ってください」。メロンが届いたら常温に置き、食べる2時間ほど前に冷蔵庫に入れるのがおすすめ。さらに見分ける方法は、おしりの丸い部分を押して弾力を感じたら食べ頃です。

  • 甘い、大きい、キレイの3拍子
    上富良野のベテラン農家、田中義明さんがメロン栽培を始めたのは平成元年。手間のかかる難しい果物ですが、「甘さ、大きさ、きれいなネット(網目)、3拍子揃ったメロンができた時は本当にうれしい。毎年1年生の気持ちでやっています」。
    子育てのように厳しく優しく、
    9棟のハウスでメロンを栽培する田中さん。まだ雪が残る2月からハウスの準備をスタート。苗を植え、実を大きくし、糖度をのせる作業は途切れることはありません。「過保護にするだけではなく、時には寒さや風も必要」と、毎日メロンを厳しく、優しく見守ります。